「ロリポップ!レンタルサーバー」でレスポンシブ対応サイトが作成できるサービスを開始

GMOペパボ、オプション「ロリポップ!スタジオ」、テンプレートから選んで直感的に操作
よろしければこちらもご覧ください

レンタルサーバーサービスのGMOペパボは、同社が運営するレンタルサーバー「ロリポップ!レンタルサーバー」で、デザイン性の高いレスポンシブウェブ対応のウェブサイトが簡単に作成できるサービス「ロリポップ!スタジオ」を11月21日に始めた、と同日発表した。オプションサービスとして展開する。レスポンシブウェブはパソコン、タブレット、スマートフォンといった異なる画面サイズに合わせてページのデザインを自動的に最適化する仕組みを意味する。

ロリポップ!スタジオは、170以上のテンプレート(ひな形)から好みの配色やレイアウトを選ぶことでデザイン性の高いウェブサイトが完成する。画像をドラッグ&ドロップするだけの直感的な操作で編集が可能。スライドショー作成、問い合わせフォームの設置など各種機能を備える。店舗や企業のウェブサイトにも適している。ロリポップ!レンタルサーバーの契約者を対象にする。1クリックでアップロードでき、更新も手軽になる。利用料金は月額980円(税別)。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]