凸版印刷など3社がメールやSNSを通して贈り物ができるサービス「デジタルギフト」開始

スマートフォン画面のバーコードを店頭で見せて決済、第1弾でミスタードーナツが採用

凸版印刷は、富士通グループでアウトソーシングサービスやウェブサービスの富士通エフ・アイ・ピー、オンラインギフトサービスのギフティとともに、各社のシステムを連携してスマートフォンで手軽に贈り物ができる新サービス「デジタルギフト」の本格展開を11月下旬に始める、と11月22日発表した。利用者は相手の住所が分からなくてもメールやSNSを通じてデジタルギフトを贈ることができ、受け取り側はスマートフォン画面のデジタルギフトのバーコードを店頭で見せて決済する。

凸版印刷と富士通エフ・アイ・ピーが提供する「サーバ管理型プリペイドASPサービス」の導入企業は、自社で発行するプリペイドカードをデジタルギフトとして販売できる。ギフティが運用するデジタルギフトシステム「eGift System」を通じて可能になる。採用の第1弾で、全国のミスタードーナツ各店で利用できるプリペイドカード「ミスタードーナツカード」の仕組みを利用したギフトチケットが2017年3月15日まで、ギフティが運営するギフトサービス「giftee」で販売される。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]