サイバーエージェント、コンテンツの価値を評価する読了率計測機能をレコメンド「A.J.A. Recommend Network」に実装

読了に最適な指標を算出・定義し、指標を基にユーザーの読了状況を測定
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントは、同社が提供するコンテンツレコメンドソリューション「A.J.A. Recommend Network(アジャ・レコメンド・ネットワーク)」に、新機能として読了率計測を実装した、と11月17日発表した。読了率計測機能では、独自に開発した技術「A.J.A. Audience Analysis(AAA)」を採用。記事コンテンツごとに実際にユーザーが読んだ文章量と経過時間を解析することで読了に最適な指標を算出・定義し、指標を基にユーザーの読了状況を測定する。

読了率計測機能の活用により、広告主は編集タイアップ広告やオウンドメディアのコンテンツをユーザーがどれくらい読んでいるかを定量的に把握でき、高い精度でコンテンツの価値が評価できる。今後は、読了率が高い傾向にあったユーザーに類似しているユーザー群に対してコンテンツを配信できるターゲティング配信機能の提供なども予定しており、クリエイティブの検証だけでなく、掲載途中においてキャンペーン効果を高めるような運用も可能になるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]