シナジーマーケティングがCRMデータ活用広告「優良顧客ターゲティング配信」開始

企業が保有する顧客データを生かして優良顧客になりそうなユーザー層に広告を配信
よろしければこちらもご覧ください

ヤフーグループでCRM(顧客関係管理)関連製品・サービスを展開するシナジーマーケティングは、CRMデータを活用してインターネット広告を配信するサービス「優良顧客ターゲティング配信」を11月2日に始めた、と同日発表した。企業が保有する顧客データを生かし、優良顧客になりそうなユーザー層に広告を届ける。インターネット広告で新規集客施策を実施している企業や、それを支援する代理店向けとなる。

企業の顧客データから優良顧客リストを抽出し、シナジーマーケティングのCRMシステム「Synergy!」を介して外部のDMP(データマネジメントプラットフォーム)や、「Facebook」などの広告配信媒体と連携する。顧客獲得後の稼働率・単価を分析して顧客の質の向上も判断する。同じ流れで休眠顧客などの優良ではない顧客リストを抽出して類似ユーザー層を配信対象から除外。配信対象のユーザー層の質を高める。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]