コンテンツ改善ツール「ミエルカヒートマップ」にチーム共有機能追加、社内レポートや効果測定をスムーズに

社内のレポーティング業務が不要に。URLが異なるLPもまとめて解析可能

コンテンツマーケティング支援のFaber Companyは、同社が提供するヒートマップツール「ミエルカヒートマップ」に、新機能の「社内共有機能」「メモ機能」「パラメータ制御機能」を10月24日に追加した。

ミエルカヒートマップは、同社のコンテンツマーケティング支援ツール「MIERUCA(ミエルカ)」の機能の1つで、マウス操作やスマートフォンの画面操作を分析できるツール。ミエルカヒートマップ単体でもサービスが提供されている。

今回追加された「社内共有機能」を利用すれば、解析結果をチームで共有することにより、上司やチームへのレポーティング作業が不要になる。また、同じく追加された「メモ機能」により、いつ、誰が、どんな施策を行ったかがひと目でわかるようになった。

社内共有機能を使えばチームで解析結果を共有できる
社内共有機能を使えばチームで解析結果を共有できる

さらに、従来は広告などの流入経路でURLが変わると別のページとして計測されていたが、「パラメータ制御機能」により、同じページであればまとめて計測できるようになった。これにより、大量のキャンペーンのランディングページなどを一元解析できるようになる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]