freeeの「会社設立freee」がみずほ銀行の「法人口座開設ネット受付」との連携を開始

法人口座開設の際の来店回数が従来の複数回から原則1回に、入力データを自動で転記
よろしければこちらもご覧ください

ソフト開発のfreeeは、同社が提供する法人設立手続きサービス「会社設立freee」で、みずほ銀行の「法人口座開設ネット受付」サービスとの連携を始めた、と9月12日発表した。会社設立の手続きと法人口座開設の手続きが一括してでき、短時間で完結する。みずほ銀行で法人口座を開設する際、従来は複数回の来店が必要だったが、連携で原則1回になる。企業のサービスとメガバンクの口座開設サービスとの連携は国内初という。

会社設立freeeは、5分で会社設立の必要書類が無料で作成できる。連携によって会社設立freeeの画面上に、みずほ銀行の法人口座開設ネット受付に誘導するバナーを表示。クリックすると会社設立freeeに入力した登記書類などを作成するためのデータが、みずほ銀行の申し込みフォームに自動的に転記される。まず東京23区の支店で対応を始め、10月以降に全国に拡大する。みずほ銀行の審査の結果、口座が開設できない場合もある。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス