10代向け動画SNS「MixChannel」に新広告メニュー追加、動画広告をワンパッケージで制作・配信可能

MixChannelの人気ユーザーをキャスティングして10代向け動画を企画から制作

Webサービス事業のDonutsは、同社が提供する動画共有サービス「MixChannel」を6月30日にリニューアルし、同時に2つの新しい広告メニューを追加した。

今回のリニューアルでは、全体のデザインを変更したほか、ユーザー自身が作成できる「タグ」機能を追加。人気のあるタグを「トレンド」としてHOME画面と、検索画面の「人気タグエリア」のトップに表示することで、MixChannel内でどんな動画が流行っているかがひと目でわかるようになった。

追加された広告メニューは、「スポンサードトレンド広告」と「スポンサードコンテンツ広告」の2つ。

スポンサードトレンド広告は、リニューアルで追加された「タグ」機能を活用したもの。拡散させたいタグをHOME画面と前述の人気タグエリアに誘導枠として表示することで、タグのトレンドを作り出し、ユーザーの動画投稿キャンペーンをより手軽にうながすことができる。

スポンサードトレンド広告の導線イメージ
スポンサードトレンド広告の導線イメージ

もう1つのスポンサードコンテンツ広告は、MixChannelで人気の高いユーザーをキャスティングし、モバイル用の動画クリエイティブを制作できる。10代の若年層に向けた動画内容の企画から制作、配信までがワンパッケージで提供される。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]