エイジアとミックスネットワークが提携、パーソナライズメールをスムーズに自動配信

マーケティング自動化「WEBCAS Auto Relations」とサイト構築「SITE PUBLIS」を連携

インターネットマーケティングソリューションのエイジアは、CMS(コンテンツ管理システム)開発・販売のミックスネットワークと業務提携した、と4月4日発表した。エイジアのマーケティング自動化システム「WEBCAS Auto Relations(ウェブキャスオートリレーションズ)」と、ミックスネットワークのサイト構築・運営プラットフォーム「SITE PUBLIS(サイトパブリス)」を連携させ、SITE PUBLISで構築するウェブページにWEBCAS Auto Relations専用のタグを自動で埋め込む機能を加える。

利用企業は、WEBCAS Auto Relationsを活用して自社会員の属性やウェブ行動を基にしたパーソナライズメールの自動配信がスムーズに実行でき、会員1人ひとりへの細かなフォローが可能になる。資料請求後1ヵ月間サイトを訪れていないユーザーに再度行動を促したり、問い合わせをした顧客に後日自動で満足度アンケート回答を求めたりする施策が簡単にできる。WEBCAS Auto RelationsはエイジアのCRM(顧客関係管理)システム「WEBCAS」シリーズの新ラインアップとなり、6月に発売する。

エイジア
http://www.azia.jp/

ミックスネットワーク
http://www.micsnet.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]