ウェブアクセシビリティ改正版JIS X 8341-3:2016公示

ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)では、JIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン 2016年3月版を公開

ウェブアクセシビリティのJIS規格であるJIS X 8341-3の改正版「JIS X 8341-3:2016」が、3月22日に公示された。

JIS X 8341-3「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」は、2012年に第1版として発行されたISO/IEC 40500をもとに、技術的内容や構成を変更することなく作成した日本工業規格。

高齢者および障害のある人を含むすべての利用者が、端末・ブラウザー・ツールなどに関係なくウェブサイトを利用できるように、ウェブコンテンツが確保すべきアクセシビリティの基準について規定するもの。

  • 日本工業標準調査会:データベース検索-JIS検索
    http://www.jisc.go.jp/app/JPS/JPSO0020.html
    ※「JISX8341-3」で検索、閲覧はIEでのみ可(ポップアップブロック解除が必要。Chromeでの閲覧は不可、Firefoxでは環境によって閲覧不可

JIS公示にともない、ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)では、JIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン 2016年3月版を公開している。

また、WAICではJIS X 8341-3:2016の解説や各種ガイドラインの作成に着手しており、順次公開していくとしている。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ステークホルダー
消費者や投資家、顧客企業など企業を取り巻く利害関係者全体を示す。 他に、産 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]