さくらインターネットが新たなサービス「さくらのIoT Platform」を2016年度中に開始

「α」を4月、「β」を9月にスタート、「α」が無料で利用できるパートナーを募集

インターネットデータセンター事業を運営するさくらインターネットは、新たなサービス「さくらのIoT Platform」を2016年度中に開始する、と2月8日発表した。提供を前に「α」を4月、「β」を9月に始める。「α」が無料で利用できるパートナーを2月8日から募集している。パートナーには通信モジュールを貸与する。IoTはInternet of Thingsの略で、モノをインターネットでネットワークする技術を意味する。

さくらのIoT Platformは、通信環境とデータの保存や処理システムを一体で提供するIoTのプラットフォーム。通信モジュールとキャリアネットワークを接続した閉域網を用意し、ストレージやデータベースを含むバックエンド、外部のクラウドやアプリケーションサービスと連携できるAPI(アプリケーションプログラムインターフェイス)を提供する。将来は顧客がデータ販売可能なプラットフォームも構築する。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

さくらのIoT Platform
https://iot.sakura.ad.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

なりすまし
ネットワーク上で他人に“なりすまし”て活動すること。「spoofing」と英語表 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]