A/Bテストの解析データをヒートマップで見える化、「クリックテール」と「Kaizen Platform」が連携

ギャプライズとKaizen Platformが業務提携して両社のツールのデータ連携を開始
岩佐 義人(Web担 編集部) 2015/12/10 12:20

アクセス解析ツールの「クリックテール」を日本国内で販売・サポートするギャプライズとWebのユーザーインターフェースを改善する「Kaizen Platform」を運営するKaizen Platformは、業務提携して両ツールでのデータ連携を開始する、と12月9日発表した。連携により、Kaizen Platform上で行うWebサイト最適化のテストで利用するデザインバリエーションごとに、ユーザーの行動が正確に閲覧できるようになるため、実行したA/Bテストの何が良かったか、悪かったかが視覚的に判断できるようになる。

クリックテールとKaizen Platformの連携により、導入企業はクリックテール管理画面内で改善案のデザインパターンとオリジナルを同時に表示できるため、容易に比較できる。CVR(コンバージョンレート)の向上に貢献した要因を素早く把握し、次の改善に生かすことができる。また、ユーザーインサイト(本音)を素早く得ることができるので、テスト実行サイクルの時間を短縮することができる。

ギャプライズ
http://www.gaprise.com/

クリックテール
https://www.ctale.jp/

Kaizen Platform
https://kaizenplatform.com/ja/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]