「第3回Webグランプリ」の「Web人大賞」をキリンの取締役常務が受賞、組織改革を評価

日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会、従来のマーケティング手法とデジタル一体化
よろしければこちらもご覧ください

広告関連企業など392社が加盟する公益社団法人日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会は、Webに関する企業・個人の功績をたたえる「第3回Webグランプリ」の「Web人部門」の「Web人大賞」をはじめとした各賞を決め、11月16日に発表した。Web人大賞はキリンの橋本誠一・取締役常務に決定した。従来のマーケティング手法に加え、デジタルでのブランディング、コミュニケーションを一体化する組織改革を行ったことを評価した。12月3日に贈賞式を開催する。

Web人部門は人に焦点を当て、優れたWebサイト、Webプロモーションだけでなく、広くデジタルマーケティングの原動力になった人物が対象。橋本・取締役常務は、ブランドを基軸にした経営を推進し、組織改革を進めながら、顧客との長期的な関係構築を試行した。有識者で構成する選考委員会の審査会とWeb広告研究会幹事会の審議で選ばれた。このほか「Web人 of the year」は講談社ライツ・メディアビジネス局の長崎亘宏・局次長兼第一事業局次長に決まった。

日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会
https://www.wab.ne.jp/wab_sites/

第3回Webグランプリ
http://award.wab.ne.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]