米Facebookが「リード獲得広告」を正式に開始、Facebookユーザーの情報入力が簡単に

見込み客の獲得を促進、マルケトやセールスフォースなどが対応ソリューションを提供
よろしければこちらもご覧ください

米Facebookは、「リード獲得広告」を正式に始めた、と10月19日発表した。「Facebook」の全ての広告主が利用できる。見込み客(リード)の獲得を狙いに、Facebookユーザーの情報入力を簡単にした。広告掲載企業は自社の商品・サービスに関心を持つFacebookユーザーに対し、ニュースレターの購読やイベントへの参加登録、キャンペーンへの申し込み、商品の問い合わせなどを容易に促すことができる。7月から試験サービスを実施し、改良を加えて今回正式に始めた。

Facebookユーザーがリード獲得広告をクリックすると、Facebookに登録している名前やメールアドレスなどが入力フォームの該当欄に自動入力される。送信前に情報の編集も可能。モバイル機器からの入力が容易なため、広告主はユーザーの情報が入手しやすくなる。フォームに自由回答欄や選択欄も追加できる。マーケティング自動化ツールのマルケトや、CRM(顧客関係管理)ソリューションのセールスフォース・ドットコムなどが対応ソリューションを提供している。

Facebook
https://www.facebook.com/

Facebook for business
https://www.facebook.com/business/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]