Twitterやブログを定点観測するSNS情報解析サービス「WatchBee」、NTTアイティが10月発売

口コミ情報や企業・製品の評判情報を自動的に収集し、風評被害やバイトテロなどを監視
よろしければこちらもご覧ください

サイト内検索ソリューションのNTTアイティは、ソーシャルリスニングサービスによるSNS情報解析サービス「WatchBee」を10月1日より販売開始する、と9月28日発表した。WatchBeeは会社名や製品名などの任意のキーワードを登録しておくと、「Twitter」や掲示板、ブログ、ニュースサイトなどのソーシャルメディアから口コミ情報や企業・製品の評判情報を自動的に収集し、風評被害やバイトテロ、いじめなどの情報を監視することができる。

WatchBeeは、情報収集から10分以内に口コミ情報を収集・解析し、アラートメールを発信できるため、問題の早期発見が可能となる。収集・解析結果はグラフィカルに表示できるため、さまざまな観点から要因を探ることもできる。NTTアイティは、従来からSNSや掲示板などの口コミ情報を収集・解析する「評Ban」サービスを販売していた。同サービスの利用者から、SNS上のリスク監視や炎上の兆候を早く発見したいとの要望が高まり、WatchBeeサービスの販売を開始することにした。

NTTアイティ
http://www.ntt-it.co.jp/

WatchBee
http://www.ntt-it.co.jp/product/watchbee/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

1組織1ドメイン名の原則
1つの組織に対して1つのドメイン名のみを認めるという原則。「go.jp」(政府組 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]