広告効果測定ツール「ウェブアンテナ」で接触履歴データが自動取得できるAPI提供

ビービット、ユーザーごとの接触履歴と顧客データベースをひも付けた分析が容易に
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング支援のビービットは、同社の広告効果測定ツール「ウェブアンテナ」で、コンバージョン(成果)ユーザーの広告・自然検索などとの接触履歴データが自動取得できるAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)の提供を始める、と5月13日発表した。ユーザーごとの接触履歴データと、顧客データベースをひも付けた分析が容易になる。ウェブアンテナの導入企業は無償で利用できる。

接触履歴データは管理画面上でダウンロードできるが、APIで自動取得を可能にする。接触履歴データと顧客データベースを自動的にひも付けることで、広告媒体や広告制作物など、さまざまな切り口でLTV(顧客生涯価値)が評価できる。広告媒体別の間接効果も評価モデルに基づいて自動集計して可能。ウェブアンテナはデジタルマーケティング施策の結果がシンプルな管理画面で把握でき、改善につなげられる。

ビービット
http://www.bebit.co.jp/

ウェブアンテナ
http://www.bebit.co.jp/webantenna/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

属性型・地域型JPドメイン名
日本のドメイン名である.jpドメイン名の、さらに細かい種別の1つ。正式には「属性 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]