デジタルインテリジェンス、マーケターの意思決定を支援する「ReasyPad」の提供を開始

マーケターは配信データから文脈を読み取り、新たな打ち手の創出が可能に
岩佐 義人(Web担 編集部) 2014/12/19 10:46

デジタルコンサルティングのデジタルインテリジェンスは、マーケターの意思決定を支援するマーケティングダッシュボード「ReasyPad(リィジィパッド)」の提供を開始した、と12月18日発表した。運用型広告の取扱い量が増加するなか、マーケター自ら配信データを活用し、運用者との円滑なコミュニケーションを通じて、的確で迅速な判断と効果改善に取り組む必要が生じている。ReasyPadにより、マーケターはデータから文脈を読み取り、新たな打ち手の創出することができる。

ReasyPadは、デジタルインテリジェンスの知見を基に企業ごとにオリジナルのダッシュボードを設計し、分析にかかる時間を短縮する。データ視覚化ツール「Tableau」のビジュアライズ機能とデータ更新作業の自動化により、スピーディーな状況把握と意思決定を実現した。オンライン化したビジュアライズレポートにより、マーケターはいつでも広告配信実績の変動状況と変動要因をモニタリングし、即時に対策の指示を出すことができる。

デジタルインテリジェンス
http://di-d.jp/

用語集
Tableau / ダッシュボード / データ / マーケター / 分析 / 広告 / 意思 / 文脈 / 決定 / 設計 / 運用者 / 配信
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]