D2C R、スマートフォン向けアプリのプロモーションソリューション「AdPlay」の提供開始

ユーザーがアプリやサイト上の広告をタップすると広告対象アプリが1分間、無料体験可能

NTTドコモや電通が出資する広告・マーケティング事業のD2C(ディー・ツー・シー)の100%子会社で広告商品開発・販売のD2C R(ディー・ツー・シー・アール)は、スマートフォン向けアプリのプロモーションソリューション「AdPlay(アドプレイ)」の提供を12月8日に始めた、と同日発表した。モバイル広告ソリューションの台湾VMFiveが開発した。ユーザーがスマートフォンアプリやサイト上の広告をタップすると、広告対象のアプリがそのサイト上で1分間、無料体験できる仕組みとなる。

AdPlayを導入すると、ユーザーはダウンロードすることなく疑似的にアプリが利用でき、より正確にアプリの内容を理解してダウンロードの検討が可能になる。従来のスクリーンショットや動画などでのアプリの内容説明と異なり、ユーザーは実際にアプリを体験するため、アプリ提供企業はこれまで取り込めていなかったユーザーが獲得できる。「iOS」「Android」に対応し、サイトやアドネットワークに組み込める。D2Cの広告効果測定ソリューションツール「ART(アート) 」とも連携する。

D2C
http://www.d2c.co.jp/

D2C R
http://www.d2cr.co.jp/

AdPlayデモ
http://vimeo.com/113880421

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

アウトバウンドリンク
関連語 の「インバウンドリンク」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]