NTTデータ・三井住友カードなど、クレジットカード加盟店管理システムの業務活用開始

ビッグデータ分析技術を利用、データベース化したキーワードでネットの情報を自動収集
よろしければこちらもご覧ください

NTTデータ、三井住友カード、情報サービスの日本総合研究所は、ビッグデータ分析技術を利用したクレジットカード加盟店管理システムの業務活用を10月に始めた、と10月14日発表した。データベース化した特定のキーワードに基づき、ECサイトのページコンテンツや「Twitter」、掲示板の評判などインターネット上の情報を自動収集して相互に関連付ける。これによってこれまで人に頼っていた情報収集・判断を平準化し、業務を効率化するとともに人為的なミスを防ぐ。

ECの拡大やスマートフォン決済などクレジットカード利用が増える中、消費者が安心して使用できる環境の整備が求められていることから、導入した。カード会社はさまざまな加盟店の管理の効率化が課題になっていた。三井住友カードは2013年10月からNTTデータのシステムで実証を行い、効果が確認できたことから運用を始めた。加盟店のウェブサイトに記載された内容やソーシャルネットワーキングサービスのクチコミなど、加盟店管理に必要な情報を抽出して分析する。

NTTデータ
http://www.nttdata.com/jp/ja/

三井住友カード
http://www.smbc-card.com/

日本総合研究所
http://www.jri.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]