DNP、紙とデジタルメディア向けコンテンツが共同制作できる支援システム「PROMAX NEO」発売

複数部門が同時にデータを更新しても最新データを把握して進行、未承認データの配信も防止
よろしければこちらもご覧ください

大日本印刷(DNP)は、企業の複数の部門がクラウド上で紙メディアとデジタルメディア向けコンテンツが共同制作できる多メディア制作支援システム「PROMAX NEO(プロマックスネオ)」を9月3日発売した、と同日発表した。これまで印刷物向けにサーバーでコンテンツを一元管理し、各部門がウェブ経由で制作と承認手続きを行う「PROMAX」シリーズを提供してきたが、新たにデジタルメディア向けコンテンツに対応したPROMAX NEOを開発。クロスメディアコミュニケーションを支援する。

PROMAX NEOはチラシやカタログに加え、パソコン、スマートフォン、タブレット端末向けの電子カタログやデジタルサイネージに対応したコンテンツ制作がウェブ上で可能。複数部門が同時にデータを更新しても、最新データを常に把握しながら制作進行できる。制作したコンテンツを承認機能でチェックすることで、未承認データの配信を防ぐ。承認コンテンツはデジタル機器への配信のほか、印刷物の入稿用データにも使用できる。初期費用800万円(税別)から、月額60万円(同)から。

大日本印刷
http://www.dnp.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]