アライドアーキテクツ、「iBeacon」とソーシャルメディアが連携したプロモ支援サービスを提供開始

店舗や広告、販促物などに装置を組み込み、アプリを通じてキャンペーンサイトに誘導
よろしければこちらもご覧ください

ソーシャルメディアマーケティングのアライドアーキテクツは、iOS7に搭載した近距離通信のシステム「iBeacon」とソーシャルメディアが連携した企業向けのプロモーション支援サービスを9月1日に提供開始する、と8月27日発表した。サービスは、アライドアーキテクツのキャンペーン支援プラットフォーム「モニプラ」とACCESS社のBeaconソリューション「ACCESS Beacon Framework(ABF)」が連携しており、店舗や広告、販促物などにBeacon装置を組み込むことで、アプリを通じてユーザーをキャンペーンサイトに誘導できる。

プロモーション支援サービスの導入方法は、企業が提供する公式アプリにBeacon機能を組み込む「企業アプリ連動型」と、モニプラの公式スマートフォンアプリを活動する「モニプラアプリ連動型」から選択できる。Beaconを設置した店舗や広告物にアプリを利用するユーザーが近づくと、Beaconを感知したスマートフォンにプッシュ通知を送信。クーポン情報やキャンペーン情報を発信することで、ユーザーをキャンペーンに誘導することが可能になる。

アライドアーキテクツ
http://www.aainc.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フィード
Webサイトの更新状況を伝えるために、コンテンツの見出し・概要・全体などを配信す ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]