昭文社、旅行ガイドに掲載の観光スポット情報を配信する法人向け「MAPPLE観光情報API」販売

7万件以上のスポットの基本情報と営業時間、紹介記事、写真など独自取材の情報をAPIで配信

地図・旅行情報の昭文社は、同社の旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」「ことりっぷ」シリーズに掲載している観光スポットの情報をインターネットで配信する法人向けウェブサービス「MAPPLE観光情報API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)」の販売を始めた、と8月21日発表した。テキストコンテンツ商品「MAPPLE POIデータ」に収録した7万件以上の観光スポットの住所、電話番号、緯度経度などの基本情報と、営業時間、料金、紹介記事、写真など独自取材の情報をAPIで配信する。

企業のサーバー内にデータを保存することなく、インターネットを通じて観光スポット情報をサイト上に掲載できる。ガイドブック編集部が直接取材して収集した質の高い情報を画像とテキストで提供する。「ショッピング・サービス」「グルメ」「レジャー・観光」「宿泊・温泉」など7ジャンルに分かれ、さらに「アウトレットモール」「懐石料理」など約250項目に分類されている。利用企業が必要なジャンルに絞った最適配信も可能。情報はキーワード、ジャンル、住所や地図の範囲指定で検索できる。

昭文社
http://www.mapple.co.jp/corporate/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]