総務省、「情報通信白書」でビッグデータの活用による売り上げ向上効果は60兆9000億円

ICTの利用を利益増加につなげている企業は16%、多くの企業はICTによる業績改善の余地
よろしければこちらもご覧ください

総務省は、2014年版の「情報通信に関する現状報告(情報通信白書)」を7月15日公表した。蓄積された大量の情報、ビッグデータの活用による売り上げ向上効果が2012年に全産業合計で60兆9000億円に達したと推計した。各産業でICT(情報通信技術)の利用を利益増加につなげている企業は16%にとどまり、多くの企業はICTによる業績改善の余地がある、と指摘した。白書はA4判カラーの書籍を販売するほか、ウェブページで無料公開し、ePub版の電子書籍やスマートフォン・タブレットアプリも無料配布している。

2013年の国内データ流通量は2005年の約8.7倍に増えた。2012年にビッグデータで押し上げた60兆9000億円の売り上げは、同年の全産業の売上高1335兆5000億円の4.6%に相当する。業種別では流通業(卸売業・小売業)が28兆1000億円、流通業以外の産業が32兆8000億円だった。顧客、経理、POS(販売時点情報管理)などのデータが実質国内総生産(GDP)にプラスの効果があった。ICTの利用に関しては、各企業がICT投資を拡大させることが経済成長につながるとし、日本の実質GDP成長率を0.5%高められると試算した。

総務省
http://www.soumu.go.jp/

情報通信白書
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]