トランスコスモス、動画広告効果分析サービス「t-eams for VideoAnalytics」を開始

独自開発の高速解析プラットフォームの活用で接触ユーザーの行動履歴を短期間で検証
よろしければこちらもご覧ください

ITアウトソーシングサービスのトランスコスモスは、動画広告効果分析サービス「t-eams for VideoAnalytics(チィームス・フォー・ビデオ・アナリティクス)」を始める、と4月15日発表した。独自開発の高速解析プラットフォームを活用し、動画広告に接触したユーザーの行動履歴を短期間で検証する。動画広告の運用改善に加え、複数のオンラインキャンペーンの全体最適化がサポートできる。

分析項目は、視聴時間・離脱ポイント、コンバージョン(最終成果)までのリードタイム(所要期間)・接触回数、コンバージョン至る経路・キーワードの3項目。改善・最適化ポイントはそれぞれクリエイティブ(制作物)改善、動画広告配信のフリークエンシー(到達率)・配信量の最適化、ユーザー行動の可視化によるプロモーション設計と新キーワード創出やコンテンツ要素の配置の最適化となる。

トランスコスモス
http://www.trans-cosmos.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]