電通グループのカラ、世界の広告費の成長率予測で2014年は前年比4.8%増を予測

冬季五輪やサッカーワールドカップの効果、日本もアベノミクスや五輪決定で成長
よろしければこちらもご覧ください

電通グループで広告事業を海外で展開するCarat(カラ)=英国=は、日本を含む59カ国・地域の広告費の成長率予測を3月28日発表した。2014年は、ロシア・ソチでの冬季五輪やブラジルでのサッカーワールドカップ、米国の中間選挙など大きなイベントによる効果から前年比4.8%増を見込み、5510億ドル(約56兆2020億円)になると予想した。特に中南米(同12.8%増)とアジア太平洋地域(同5.6%増)で高い成長率を予測している。日本は、アベノミクス効果や2020年の五輪の開催決定で2014、2015年とも同1.7%と、4年連続で前年を上回るとみている。

広告費の成長率予測は年2回公表し、3月に前年実績の確定と当年予測の改定、翌年の新規予測、9月に予測の改定を行っている。2013年の世界の実績は、2013年9月時予測の前年比3.0%を上回る同3.3%増を確定とした。2015年は世界的に経済情勢が上向き傾向にあることから、同5.0%を予想した。西ヨーロッパで英国を除いて2012、2013年と続いたマイナス成長にも歯止めがかかり、2014年は同1.8%とプラスに転じ、2015年もその傾向を維持して同2.1%増と見込んだ。調査対象広告費はテレビ、新聞、雑誌、ラジオ、映画館、屋外・交通、デジタルとなる。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]