アドビ、Webエクスペリエンス管理ソリューション「Adobe Experience Manager 6.0」を発表

さまざまなチャンネルを通じたデジタルエクスペリエンスの構築を促進
岩佐 義人(Web担 編集部) 2014/3/27 11:15
[AD]

アドビは、Webエクスペリエンス(Web上のユーザー体験)を管理するソリューション「Adobe Experience Manager 6.0」を3月26日発表した。Webサイトリニューアル、デジタルアセット(動画や音楽などのデジタル資産)管理、モバイルアプリケーション開発における新機能を含み、さまざまなチャンネルを通じたデジタルエクスペリエンスの構築を促進する。

Adobe Experience Manager 6.0は、タッチ対応のインターフェースでWebサイトやモバイルサイトの立ち上げを行う「Site」機能、ビデオなどをさまざまなデバイス向けに作成・提供できる「Assets」機能、アプリケーション開発の「Apps」機能、ブランドのファンを育成するコミュニティを構築する「Communities」機能、大量のフォームを作成・管理・公開できる「Forms」機能により、Webとモバイルアプリを活用したマーケティングという開発プロセスのニーズに対応する。

アドビ
http://www.adobe.com/jp/

Adobe Experience Manager
http://www.adobe.com/jp/solutions/web-experience-management.html

[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]