ホットリンク、ソーシャル・ビッグデータ活用に関してネットイヤーグループと共同推進で合意

両社が持つノウハウを融合させて相乗効果を発揮、顧客企業に向けて戦略的な活用支援を実施
よろしければこちらもご覧ください

ソーシャルメディア分析技術のホットリンクは、ソーシャル・ビッグデータ活用分野の市場啓発活動とソリューション開発に関し、デジタルマーケティング支援のネットイヤーグループと共同で推進することで合意した、と1月8日発表した。これに合わせて、ネットイヤーグループの社長が1月7日にホットリンクの顧問に就いた。それぞれが保有するノウハウを融合させて相乗効果を生み出し、両社の顧客企業に向けてソーシャル・ビッグデータの戦略的な活用支援を実施する。

ホットリンクは「Twitter」「Facebook」、ブログ、掲示板などのソーシャル・ビッグデータの収集、分析、活用に強みを持ち、ネットイヤーグループはデジタルマーケティング戦略の立案と施策で実績がある。ホットリンクはこれまでもグループ会社を通じ、ソーシャルメディアのクチコミ分析ツールをネットイヤーグループと共同開発・販売してきた。ソーシャル・ビッグデータの活用は企業内のさまざまな業務を変える可能性があると考え、連携をさらに深めることにした。

ホットリンク
http://www.hottolink.co.jp/

ネットイヤーグループ
http://www.netyear.net

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CPM
本来は、「広告が1000回表示されるごとに何円の費用がかかるか(かかったか)」を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]