at+link、専用サーバサービスのオリジナルマシンに米インテルの「Haswell」搭載機を追加

パフォーマンスと省電力性能が向上し高負荷なWebサービスの運用に最適、物理回帰に対応

広告制作・インターネット関連サービスのリンクとサーバー機器のエーティーワークスが共同運営するホスティングサービス「at+link(エーティー・リンク)」は、「at+link専用サーバサービス」のオリジナルマシン、ATシリーズのラインアップに、米インテルの次世代CPU「Haswell(ハズウェル)」を搭載した「AT01-G2」を追加した、と12月3日発表した。Haswellは従来品と比べてパフォーマンスと省電力性能が向上し、AT01-G2は高負荷なWebサービスの運用に適している。

at+link専用サーバサービスは、自社オリジナルのATシリーズと富士通製のFJシリーズを提供。ATシリーズは拡張性の高さや、省電力・省スペースモデルを用意していることから利用が多い。ITインフラにクラウドを選ぶ企業が増えている一方、安定性やパフォーマンスを重視する企業を中心に、クラウドから専用サーバーに戻す「物理回帰」も目立っているため、オリジナルマシンを拡充した。結果的に物理サーバーの方がコスト削減につながる、との声も出ているという。

リンク
http://www.link.co.jp/

エーティーワークス
http://www.atworks.co.jp/

at+link
http://www.at-link.ad.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索オプション
より目的の検索結果となるように検索条件を絞り込める検索のこと。サイト内検索を提供 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]