アルファサード、大規模サイトの構築・運用に最適化したCMS最新版「PowerCMS 4」を発表

最新版のMovable Type6に合わせて、より大規模なサイトの構築・運用に最適化
岩佐 義人(Web担 編集部) 2013/11/26 0:51

Web制作のアルファサードは、シックス・アパートが提供するCMS「Movable Type」の機能を向上するソリューション製品「PowerCMS」を、最新版「Movable Type6」の提供に合わせ「PowerCMS 4」としてアップグレードし、12月3日から提供を開始する、と11月25日発表した。Movable Type6に合わせ、より大規模なサイトの構築・運用に最適化したバージョンとなっている。

PowerCMS 4は、SGI/FastCGIをサポートし、ソースコードを改良、分散処理サポートにより、高速な動作と大規模なWebサイトへの最適化を実現した。管理画面のトップ画面は、よく使う画面へのショートカットや外部サービスへのリンクなどを並べられるカスタムダッシュボードとした。このほか、ヘルプセンターの改良、アイテム管理機能の強化、高速ドキュメントサーチ、プラグイン管理機能などの特長がある。

アルファサード
http://alfasado.net/

用語集
FastCGI / SGI / Webサイト / ソースコード / プラグイン / 分散処理 / 大規模 / 構築 / 管理画面 / 運用
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

MSNbot
関連語 の「ロボット」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]