博報堂DY、インターネット広告効果測定ツール「X-ADVANCE」でアジア版のサービスを開始

中国、香港、台湾、タイ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、フィリピンに対応
よろしければこちらもご覧ください

博報堂、大広、読売広告などを傘下に持つ博報堂DYホールディングスは、同社が運用しているインターネット広告効果測定ツール「X-ADVANCE(クロスアドバンス)」で、新たに開発したアジア版のサービスを10月7日に始めた、と同日発表した。アジア各国でインターネット広告市場が急成長していることから、今後のインターネット広告の効果測定ニーズの高まりを想定し、各国で利用できるようにした。

X-ADVANCEは、バナー広告・検索ワード連動広告のクリック数やキャンペーンサイト訪問数などの1分単位での測定と分析が可能。2010年8月のサービス開始以来、多くの広告主がサイトの効果検証に利用している。アジア版は、中国、香港、台湾、タイ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、フィリピンに対応し、博報堂DYグループのアジア拠点の広告主がサービスを利用できる。対応国は増やしていく。

博報堂DYホールディングス
http://www.hakuhodody-holdings.co.jp/

X-ADVANCE
http://x-advance.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]