さくらインターネット、「さくらのクラウド」でSLAとWindows Serverの提供を開始

企業や自治体、官公庁など、要求水準の高いシステムに対応するために提供

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、CPUとメモリを自在に組み合わせて使うクラウドサービス「さくらのクラウド」において、品質保証レベル99.95%のSLA(サービス品質保証)の導入と、OSプランへのWindows Serverを追加し、9月2日から提供を開始する、と同日発表した。企業や自治体、官公庁の業務システムなど、要求水準の高いシステムに対応するため、SLAを導入すると同時にOSプランとして「Windows Server 2008 R2、2012」を提供することにした。

さくらのクラウドは従量課金がなく、自動的に最安料金を適用するため料金プランを選ぶ必要がない。今回導入したOSプランWindows Server 2008 R2、2012は、月額1050円、日割り52円の全プラン同一料金で利用することができ、本番システムだけでなく、事前検証用にも気軽に使うことができる。また、SLAは、利用中サーバーの稼働率が99.95%を下回った場合、稼働を満たさなかった部分の利用料金を減額する。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]