NTTデータと日本オラクル、「Twitterデータ提供」とビッグデータ分析ソフト「Endeca」で協業

社内データとソーシャルデータを組み合わせた大量のデータ分析を可能にするテンプレートを開発

NTTデータと日本オラクルは、NTTデータの「Twitterデータ提供サービス」と日本オラクルのビッグデータ分析ソフト「Oracle Endeca Information Discovery」を組み合わせた商品開発・サービスで協業することで合意した、と8月26日発表した。Twitterデータ提供サービスとEndecaを連携させ、社内データとソーシャルデータを組み合わせた大量のデータ分析を可能にする。NTTデータに専任コンサルティング部隊を立ち上げ、オラクルが技術支援を行う。

両社の製品・サービスとノウハウを合わせ、Endeca上での「Twitter」のデータ分析・活用のテンプレートを開発し、導入コンサルティングを含めて共同提案していく。具体的には、EndecaにTwitterデータ提供サービスのAPIを組み込み、Endeca導入後すぐにツイートデータ分析できるデータ取り込みテンプレートや、Endeca上のビッグデータとツイートデータを組み合わせて処理・集計・分析を可視化するユーザーインターフェースのテンプレートを開発する。

NTTデータ
http://www.nttdata.com/jp/

日本オラクル
http://www.oracle.com/jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]