D2C、NTTドコモ「dマーケット」掲載の成果報酬型広告「dマーケットリワード広告」を提供開始

広告主はCPIまたはCPAで出稿でき、低リスクで効果的なプロモーションが可能に
よろしければこちらもご覧ください

モバイルマーケティング事業のD2Cは、NTTドコモの「dマーケット」に掲載する成果報酬型広告「dマーケットリワード広告for Smartphone」「dマーケットリワード広告for Feature phone」の提供を12月13日に開始した、と12月17日発表した。広告主はCPI(インストールごとの課金)またはCPA(アクションごとの課金)で出稿することができるため、低リスクで効果的なプロモーションを行うことが可能になるという。

dマーケットリワード広告は、スマートフォンの場合はdマーケット内の「dゲーム」、フィーチャーフォンの場合は「dゲーム&アプリストア」などからアクセスでき「おまけでdコインをGET♪」コーナーに表示。ユーザーが広告をクリックしてアクセスしたサイト上でアプリをインストールしたり、会員登録や商品購入をした際に一定の広告費が発生する。

D2C
http://www.d2c.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

リターゲティング
行動ターゲティング広告の1つで、検索サイトやバナー広告などから訪れた訪問者のその ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]