さくらインターネット、仮想専用サーバー「さくらのVPS」でSSDを搭載した新プラン開始

従来のプランと比べて7倍のストレージ性能、高いパフォーマンスが求められる用途向け
よろしければこちらもご覧ください

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、同社の仮想専用サーバーサービス「さくらのVPS」で、従来のプランと比べて7倍のストレージ性能があるフラッシュメモリドライブのSSD(Solid State Drive)を搭載した新プランを加え、12月13日に提供を始める、と12月5日発表した。データベースなど高いパフォーマンスが求められる用途に適している。

SSDプランは、メモリ1G、ストレージ50GBの「SSD 1G」と、メモリ2G、ストレージ100GBの「SSD 2G」を用意する。HDD(ハードディスクドライブ)を利用する同じメモリサイズのプランと比較して容量は半分になるものの7倍高速化し、パフォーマンスが高まる。SSD 1Gは初期費用1780円、月額1780円で年間一括だと1万9580円。SSD 2Gはそれぞれ3680円、3680円、4万480円。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

さくらのVPS
http://vps.sakura.ad.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

パーミッション
もとは「許諾」を意味する言葉。Webの世界では、サーバー上でのアクセス権を表す場 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]