博報堂DY、内部利用のソーシャルメディア分析ツール「Topic Finder」を広告主企業に提供

商品・ブランドの分析が強みで件数や内容で発言を高速収集、データの量や範囲は最大規模

博報堂、大広、読売広告などを傘下に持つ博報堂DYホールディングスのグループ横断組織「博報堂DYグループ・ソーシャルメディア・マーケティングセンター」は、グループ内で利用しているソーシャルメディア分析ツール「Topic Finder(トピックファインダー)」を、広告主企業向けに「Topic Finder For Advertiser(トピックファインダー・フォー・アドバタイザー)」としてASPで提供する、と10月25日発表した。

Topic Finderは博報堂が2007年に実用化した。商品・ブランドの分析が強みとなり、ブログ、「Twitter」など各種のソーシャルメディア上の発言を収集し、件数や内容を高速で集計・分析できる。集めるデータの量や範囲は国内最大規模という。これまではグループ各社が社内で運用し、広告主には分析結果をレポートしていた。今回、ツールそのものを広告主に提供することにした。商品や業界のクチコミ、風評調査などに活用できる。

博報堂DYホールディングス
http://www.hakuhodody-holdings.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]