さくらインターネット、複数サービスをローカルネットワークでつなぐ「ハイブリッド接続」開始

仮想サービスと物理サーバーの両方の利用が可能、まず石狩データセンターのサービスで提供

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、複数の異なるサービスを同じローカルネットワークで接続し、1つのインフラシステムとして構築できるようにする接続サービス「ハイブリッド接続」を10月3日に始める、と9月25日発表した。仮想サービスと物理サーバーの両方の利用が可能になる。

同社の石狩データセンターで提供する「さくらのクラウド」「さくらの専用サーバ」「リモートハウジング」の各サービスを対象に開始。その後、対象サービスと対象データセンターを拡大する。基本料は初期費用5250円、月額2625円、接続費用は100Mbps共有回線ベストエフォートで月額2625円となる。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JavaScript
主にWebブラウザ上で動作するスクリプト言語(プログラミング言語)。 We ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]