博報堂、来店客のスマートフォンと連動する店頭什器「スマート什器」を開発

店頭で行うさまざまな情報提供により、店舗と来店客の交流を実現、集客促進に
よろしければこちらもご覧ください

博報堂は、来店客のスマートフォンと連動する双方向型のコミュニケーションが可能な店頭什器(陳列棚など)「スマート什器」を開発し、メーカーや小売り各社への提供を開始した、と9月18日発表した。来店客がスマートフォンをスマート什器にタッチすると、端末がモニターやポイントカードになったり、商品の詳しい説明やお買い得情報などを入手したりできる。スマート什器が店頭でさまざまな情報提供を行うことにより、店舗と来店客の交流が実現するため、集客促進につながるという。

スマート什器は、スマートフォンだけでなくフィーチャーフォンでも利用できる(一部利用制限あり)。コンテンツは運営側で差し替えたり、来店客の履歴やアクションに応じてコンテンツを振り分けるなどが可能。またGPSを利用した来店促進システムと異なり、来店客が当該商品の棚の前までこないとサービスやメリットを享受できないため、来店ポイントインセンティブなどを組み合わせることで店頭に集客する什器として利用できる。行動履歴に基づく関連商品購入やリピート購入促進施策を付与したり、メルマガ会員などのデータベースとリンクして、実際の来店行動に連動した個別アプローチも可能になる。

博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]