トライバルメディアハウスとベルシステム24、ソーシャルメディア運用サービスを提供開始

コミュニティマネージャーを配置し、2社の特徴を生かしたトータルなサービスを提供
よろしければこちらもご覧ください

ソーシャルメディアマーケティングのトライバルメディアハウスとアウトソーシングサービスのベルシステム24は、共同で企業のソーシャルメディアアカウントやページの運用に専任のコミュニティマネージャーを配置するメーシャルメディア運用サービスを開始した、と6月5日発表した。ソーシャルメディアの戦略策定や効果測定に強みを持つトライバルメディアハウスとCRM(情報システムを使った顧客管理)に実績のあるベルシステムの特徴を生かしたトータルなサービスを提供するという。

ソーシャルメディア運用サービスでは、個別企業のブランド哲学やマーケティング課題を理解したコミュニティマネージャーを中核とした運営体制を構築し、ソーシャルメディアアカウントやページの開設、運用を支援する。主な支援内容はソーシャルメディアアカウントおよびページの戦略策定、運用マニュアルの作成、投稿コンテンツの企画、投稿文の作成、投稿およびコメント対応、ユーザー投稿の監視、効果測定など。料金は月額105万円から。

トライバルメディアハウス
http://www.tribalmedia.co.jp/

ベルシステム24
http://www.bell24.co.jp/ja/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]