アサツーディ・ケイ、スマートフォン向けの動画広告配信「mobile DADA」を本格スタート

無料アプリを利用、ユーザーは広告を見るとたまるポイントで現金・商品と交換できる仕組み
よろしければこちらもご覧ください

広告大手のアサツーディ・ケイは、スマートフォン向けの動画広告配信サービス「mobile DADA(モバイル・ダダ)」を5月31日に本格的に始めた、と同日発表した。無料アプリを使って広告を配信し、会員登録したユーザーが広告を見るとポイントがたまり、現金や提携するショッピングサイトの商品と交換できる仕組み。広告主には、確実に視聴された分だけ課金される。「Android」版で始め、7月中に「iPhone」用を加える予定になっている。

動画広告は事前に配信され、ユーザーは待つことなく視聴できる。視聴後、商品・サービス紹介ページに移り、ボタンを押すことで気になる商品・サービスのサイトにアクセスできる。認知、理解促進、販促プロモーションのほか、マーケティングデータにも活用可能。今後は、品質の高い動画配信や、GPS機能の活用、EC機能、SNS連携など、サービスを拡張する。2014年度に20億円以上の売り上げを目標にすると同時に、若者を中心に会員数拡大を図り、5年後には1000万人の会員獲得を目指す。

アサツー ディ・ケイ
http://www.adk.jp/

mobile DADA
http://www.dada.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]