ヤフー、検索連動型広告「スポンサードサーチ」のスマホ版で広告掲載ページ拡大

「Ameba」「Excite」「まんたんウェブ」で開始、広告主は幅広いアプローチが可能

ヤフーは、同社の検索連動型広告「スポンサードサーチ」のスマートフォン版で、広告掲載面を提携各社のスマートフォン向けページに拡大した、と12月9日発表した。11月30日にインターネット広告のサイバーエージェントが運営する「Ameba」、12月1日にポータルサービス、エキサイトの「Excite」、12月9日に毎日新聞社子会社、毎日新聞デジタルの「まんたんウェブ」で新たに掲載が始まった。

提携各社のスマートフォン用ページへの掲載によって、広告主はユーザーにより幅広くアプローチできるようになった。中でもスマートフォンに特化したサービスや商品を取り扱う広告主は、従来以上に効率的な広告展開が可能。2012年1月中旬には、ネットサービス、ソネット・メディア・ネットワークスの「So-net」も加わる。スポンサードサーチの最新版「Ver.3」はスマートフォンやタブレット端末の指定もできる。

ヤフー
http://www.yahoo.co.jp/

スポンサードサーチ
http://listing.yahoo.co.jp/service/srch/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ネットプロモータースコア
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。「ある製品・サービスを友人に勧めるか」という ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]