楽天、「楽天市場」で出展店舗向けにSNSを活用したサービス「楽天S4」を開始

店舗・企業をPRする専用ページ「Facebookページ」「mixiページ」の制作を代行
よろしければこちらもご覧ください

楽天は、同社が運営するインターネットショッピングモール「楽天市場」で、出展店舗向けにソーシャルネットワークサービス(SNS)を活用した商取引サービス「楽天S4(エスフォー)=Super Social Shop Service」を始めた、と10月6日発表した。「Facebookページ」「mixiページ」といった店舗・企業をPRする専用ページの制作を代行し、楽天市場の商品ページのデータと連動する機能を提供する。

店舗とユーザーのコミュニケーションの活性化や、新たな顧客の獲得が狙い。まずFacebookでページを開設できるようにして、年内にmixiにも拡大する。店舗は、楽天市場の自社のページで商品登録を行うと、自動的に企業ページに商品情報が投稿できる。今後はFacebookやmixiの楽天市場のページを通じたプロモーション支援も予定している。年内は無料。来年度以降は月額3000円と売り上げの1%の従量課金。

楽天
http://www.rakuten.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーバーチュア
検索連動型広告(PPC広告)の「スポンサードサーチ」やコンテンツ/行動連動型広告 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]