コムスコア・ジャパン、分析結果でスマートフォン利用者数が1000万人突破の勢い

OSシェアは「アンドロイド」が「iOS」を抜いてトップ、機種は「iPhone」が首位

インターネット利用動向調査のコムスコア・ジャパンは、日本のモバイル利用に関する動向調査データを基にした分析結果を6月30日発表した。スマートフォンの利用者数が急拡大し、既に1000万人を超える勢いになっていた。OSのシェアではこれまでトップだったアップルの「iOS」をグーグルの「アンドロイド」が抜いた。ただ、使用機種ではベスト5のうち3機種がiOS搭載の「iPhone」シリーズだった。

3月時点のスマートフォン利用者は976万4000人で、2010年9月の570万2000人、同年12月の697万5000人から急増。この傾向から判断すると、現段階では1000万人を突破しているとみられる。3月時点の976万4000人のOS内訳は、アンドロイドが460万1000人、iOSが390万6000人、その他125万7000人で、アンドロイドがトップに立った。2010年12月まではiOSがアンドロイドを抑えていた。

OSでトップを譲ったアップルだが、機種別のランキングでは1位にiPhone4(32GB)、3位に同(16GB)、4位にiPhone3GS(32GB)が入り、5位までのうち3機種を占めた。2位はソニーエリクソンの「Xperia」、5位は東芝の「REGZA Phone T-01C 」だった。分析は2011年3月時点の13歳以上の携帯電話ユーザーを対象にしたデータがベースになっている。

コムスコア・ジャパン
http://www.comscore.com/jpn/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トラフィック誘導
「トラフィック誘導(traffic sourcing、トラフィックソーシング)」 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]