彼方、Webサイト構築・運用のCMS「ALAYA」の新バージョン「ALAYAリリース6+」の提供を開始

前バージョンに100点以上の機能を追加または強化し、64ビットOSにも対応

Webソリューションプロバイダーの彼方(かなた)は、Webサイト構築と運用のためのCMS「彼方コンテンツマネジメントシステム/ALAYA(アラヤ)」の最新バージョン「ALAYAリリース6+(プラス)」の提供を6月22日に開始した、と同日発表した。ALAYAリリース6+は前バージョンに100点以上の機能を追加または強化し、64ビットOSなどにも対応した。7月以降にはCMS導入の初期設計と設定を支援する「ALAYAスターターキット」の提供も開始する。

ALAYAリリース6+で追加・強化した機能は、既存コンテンツ移行とファイル管理の効率化、ダイレクトログインURL機能、「Twitter」連携機能、外部サイトRSSの自動取り込みと表示機能、アクセシビリティチェック機能の拡張、リンク切れ検出の機能拡張など。導入規模により「エントリーエディション」「プライマリエディション」「エンタープライズエディション」があり、エントリーエディションの導入基本料は90万円から。

彼方
http://www.kanata-jp.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]