GMOクラウド、パブリッククラウドサービス「GMOクラウドPublic」の提供を開始

1時間あたり1.5円から、1時間ごとに料金を自動変更するオプションも用意
よろしければこちらもご覧ください

ホスティングのGMOクラウド(旧GMOホスティング&セキュリティ)は、パブリッククラウドサービス「GMOクラウドPublic」の提供を6月15日に始めた、と同日発表した。1ヵ月利用した場合で1時間あたり1.5円(月額950円)からの低料金が特長。状況に合わせて1時間ごとに最適な料金に自動変更するオプションも用意した。

EC、動画配信サイトなど、時間や曜日で必要なサーバーリソースが変わるサイトに適している。先着100件の新規申し込みに対し、請求額の5000円を無料にするキャンペーンを実施。5000円を超えた月から請求が発生する。GMOクラウドPublicを米国市場向けに最適化したサービス「GMO Cloud」も同時に開始した。

GMOクラウド
http://www.gmocloud.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]