NECビッグローブ、「BIGLOBEクラウドホスティング」で簡易型CMSによるサイト構築の機能を提供

災害復興支援向け無償ID提供を12月末まで延長、復興支援サイトの早期構築が可能に
よろしければこちらもご覧ください

インターネットサービスのNECビッグローブは、同社の提供する遠隔操作型のホスティングサービス「BIGLOBEクラウドホスティング」において、簡易型のコンテンツ管理システム(CMS)によってサイト構築が迅速にできる新機能を提供する、と6月7日発表した。併せて災害復興支援向けに実施中のBIGLOBEクラウドホスティングの無償ID提供を12月末まで延長する。

システムは、オープンソースのCMSプラットフォーム「WordPress」を活用。サイト制作や運用を迅速に行うことができる。利用にあたっては、サーバー作成時にOSを選択し、サーバー構築後に設定用のプログラムを実行する。簡易CMSと無料IDの利用により、復興支援のための情報交換サイトや支援物資の交換サイトなどへの活用を見込んでいる。

NECビッグローブ
http://www.biglobe.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]