アイレップとペンシルの共同調査「検索キーワード別ユーザー動向分析レポート」発表

検索後にアクセスしたWebサイトでユーザーがコンバージョンするまでの動線を調査
よろしければこちらもご覧ください

検索エンジンマーケティングのアイレップとインターネットコンサルティングのペンシルは、ユーザーが検索をしてからWebサイト内で購入、会員登録などの最終的なアクション(コンバージョン)をするまでの動線調査と考察をまとめた「検索キーワード別ユーザー動向分析レポート」を5月25日発表した。調査データの取得は、直近1年間で任意に抜粋した3ヵ月間。調査対象業種は「スクール・資格」に限定した。

検索キーワードの種類を「指名キーワード」「地域キーワード」「主力キーワード」「一般キーワード」に分類し、キーワードの種類別に検索エンジンからWebサイトにアクセスした後のユーザー動線と動向を調査した。共同調査と分析レポートは、ユーザーが検索をしてからWebサイト内でコンバージョンに至るまでのプロセスを分析し、サイト内行動の傾向を明らかにすることで、企業のWeb担当者が検索エンジンマーケティング(SEM)やWebサイト構築をするための基礎データとして活用できる。

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

ペンシル
http://www.pencil.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]