IMJモバイル、男性の購買行動に関する調査で8割が自分用家電・電化製品を購入

普段購入するジャンルは「家電・電化製品」「本・CD・DVD」「趣味・ホビー」の順
よろしければこちらもご覧ください

モバイル関連事業のIMJモバイルは、男性の購買行動に関する調査の結果を4月19日発表した。普段購入している商品ジャンルはパソコンやデジカメなどの「家電・電化製品(自分用)」が78%と最も多く、次いで「本・CD・DVD」が71%、「趣味・ホビー(インドア)」が69%の順だった。調査は15~49歳の全国の男性を対象に、2月25、26日にインターネットで実施。有効回答数は620。

家電・電化製品(自分用)購入のきっかけとなる情報は「クチコミサイト」で得たとの回答が52%でトップ。2位は「企業の商品情報サイト」が28%、3位は「ポータルサイト」24%だった。年代別では、10代は「企業の商品情報サイト」「SNS・ブログ」が、40代は「ポータルサイト」が多かった。婚姻状況・彼女の有無別でみると、未婚で彼女がいる人は「店舗チラシ・フリーペーパー」「店舗ポップ」などのリアルメディアを情報源とする傾向がある一方、未婚で彼女がいない場合は「クチコミサイト」「企業の商品情報サイト」などWebメディアが購入のきっかけになりやすいことが分かった。

同じく家電・電化製品(自分用)購入の後押しとなったのは「割引・クーポン」「レビュー」がいずれも33%とトップで、3位は「ポイント」の32%。洋服や食品など他ジャンルと比較して「レビュー」と答える人が多かった。年代別では40代男性は他の年代に比べ「店員の勧め」「品揃え」と答えた人が多く、店舗内の経験が購入の後押しとなる傾向が見られた。

IMJモバイル
http://www.imjmobile.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]