アドビ、最新版の「Adobe Creative Suite 5.5 Web Premium」を5月20日発売

タブレット・スマートフォンアプリ向けの開発機能を搭載
よろしければこちらもご覧ください

アドビシステムズは、Webデザイン・開発者向けの統合ソフトの最新版「Adobe Creative Suite 5.5(CS5.5) Web Premium」と各構成製品を5月20日発売する、と4月11日発表した。予約受け付けを同日始めた。CS5.5 Web Premiumは「Dreamweaver」「Flash Professional」「Flash Catalyst」「Flash Builder」のアップデート版などで構成し、モバイル機器向けに一新した「Flexフレームワーク」、「Device Central」「Acrobat X Pro」などを新採用した。

DreamweaverのHTML5 オーサリングを進化させたほか、Flash ProfessionalとFlash Builder Premiumで新しいタブレット・スマートフォンアプリ開発機能を加え、クロスブラウザテスト強化し、モバイルエミュレーション機能などを搭載した。開発者らは、CS5.5の新機能で「Android」「BlackBerry Playbook」「iOS」向けのアプリ提供が可能になる。製品版は23万6250円、アップグレード版は5万8800円~18万6900円。

アドビシステムズ
http://www.adobe.com/jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]