ラック、アプリの脅威などを調べる「スマートフォンセキュリティ研究所」開設

流通前のセキュリティ審査が十分ではない「Android」アプリの安全性向上へ
よろしければこちらもご覧ください

セキュリティソリューションのラックは、スマートフォンのセキュリティとスマートフォンを活用したサービスへの脅威を調べる組織「スマートフォンセキュリティ研究所」を開設する、と1月20日発表した。スマートフォンのOSの中で特に「Android」は自由度が高く、今後さまざまな応用が予想される半面、流通前のアプリのセキュリティ審査が十分ではないことから、安全性を高める取り組みを始めることにした。

同研究所はまず、KDDIのビジネス向けアプリを紹介する1月末開始のサービス「Business App NAVI」上のアプリに関して設計上の問題や仕組みを点検する。米国の調査ではAndroidアプリの2割以上にセキュリティ上の危険性が存在するという。ラックは、安全なアプリ開発プロセスの確立と利用方法の検討や、アプリの安全が保たれているかの確認が必要と判断した。

ラック
http://www.lac.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]