リクルート、デジタルコンテンツ開発の新会社「ニジボックス」を設立

マルチデバイス・マルチプラットフォームでのデジタルコンテンツ提供を目指す

リクルートは、成長を続けるデジタルコンテンツ市場への事業展開を目的に、新会社の「ニジボックス」の設立を決定した、と10月18日に発表した。代表取締役社長にはリクルートの実証研究機関、メディアテクノロジーラボ(MTL)の局長、木村稔氏が就任。MTLでのエンジニアリング力を活用していく。MTLでは携帯の公式サイトやソーシャルアプリの開発を実施、多くのモバイルサービスを公開してきた。ニジボックスでは、さらにスマートフォンをはじめとしたマルチデバイス、マルチプラットフォームで求められるデジタルコンテンツの提供を目指す。設立は11月1日で資本金は1億円、株主はリクルートが100%の構成。

リクルート
http://www.recruit.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]