スカイアークシステム、Movable Type拡張のCMS最新版「MTCMS 5.22」を発売

携帯電話・お問い合わせフォームオプションを標準搭載、パートナープログラムも新たに開始した
よろしければこちらもご覧ください

システムインテグレーション事業のスカイアークシステムは、同社が開発するコンテンツ管理システム(CMS)の最新版「MTCMS 5.22」を10月5日に提供開始した。

「MTCMS」は、シックス・アパート社のWebサイト管理ソフトウェア「Movable Type」のCMS機能を強化するプラグインソフトウェア。最新のMTCMS 5.22では、ワークフロー機能、ステージングサーバー同期機能など、多くの機能の安定性を向上させたほか、携帯電話・お問い合わせフォームオプションを標準機能として搭載した。また、MTCMS 5.22の販売開始に合わせて、MTCMS 5通常版のライセンス価格を、75万6,000円から84万円へと改定した。エンタープライズ版の「MTCMS Enterprise」の価格は従来と同じ220万5,000円。

さらに、スカイアークシステムの製品を取り扱う、法人または団体に向けた営業・開発支援プログラム「SKYARC Solution Partner(SSP)」をあわせて開始。SSPの参加パートナー向けに、MTCMS 5のライセンスの無償提供(自社利用に限る)をはじめ、開発ドキュメント、カスタマイズマニュアル、提案素材などを提供する。

MTCMS
http://www.mtcms.jp/

スカイアークシステム
http://www.skyarc.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]